神奈川区の病院に熱帯魚水槽

2018/04/11
神奈川区の病院に熱帯魚水槽

先日、横浜市神奈川区の病院に淡水水草水槽を設置させて頂きました。

淡水?水草?水槽??・・・水槽にあまり詳しくない方には一体どんな内容の水槽になるのかわかりませんよね。

簡単にご説明すると、水道水から調整した26度の淡水を使用して専用の底砂・熔岩石・流木、生の水草をプロの水景デザイナーがレイアウトし、熱帯魚達が泳ぐ世界を再現します。

そこに淡水熱帯魚と呼ばれる種類の魚達を水槽内にゆっくりと入れて行き、淡水水草水槽が完成されます。一般的に淡水熱帯魚と金魚を混同される方が多いのですが、熱帯魚と金魚は全くの別物で生息する水温も違います。

淡水魚水槽は海水魚水槽と比較すると色彩的な意味で?地味な印象をよく耳にしますが、決してそんな事はありません。

淡水熱帯魚の中には赤と青に光るネオンテトラやカラフルな色彩のグッピーなど書ききれない程の綺麗な種類がたくさん存在しており、その中から適切な組み合わせ、数量を選定してお客様の水槽に導入しております。詳しくは淡水熱帯魚一覧がらご覧いただけます。

海水魚よりも温和な性格の種類が多いため、綺麗な水草と共に遊泳する熱帯魚達をゆっくりと時間を忘れそうになるくらい眺めていられるのも淡水水草水槽の大きな利点と思います。その綺麗な状態をずーっと維持していくのが私達シールアクトのお仕事です。

毎週1回、あるいは隔週1回のメンテナンスで水替えや生体(魚)の状態をチェックし、部分的に枯れてしまった水草はトリミングや植え替えを行います。毎日の餌やりも、ご要望があればフードタイマーで自動給餌が可能です。

シールアクトでは、お客様のご要望をお聞きした上で、その場所に一番合う雰囲気、内容のアクアリウムをご提供しております。ご訪問、お見積り無料です。

水槽のメンテナンス、レンタルはシールアクトにおまかせください。

お気軽にお問合せ下さい!